ごあいさつ

  • レシピ開発、フードプロデュース、飲食に関するイベントの運営、お菓子&パン教室講師などのご相談はメールまたはお電話で受け付けております。お待ちしております。

著作権について

  • ※ブログ記事内の全ての記述・画像の無断転記・無断複製はお断り致します。

2014年5月28日 (水)

【湯葉】湯葉ときゅうりの酢のもの

_
揚げてもおいしい湯葉を、今日は季節柄、酢のもので
ご紹介します。
大豆イソフラボンを摂取したい方にオススメの
身体にやさし~いレシピです。

湯葉ときゅうりの酢のもの

材料(2人分)

乾燥湯葉:1枚
きゅうり:1本
みょうが:1本
酢:大さじ2
砂糖:小さじ1

つくりかた

①.きゅうりは薄切りにし、塩(分量外)で揉んでしっかり絞る。
湯葉は水で戻したら、きゅうりと同じ大きさに切る。
みょうがは縦半分に切り、半分はそのままに、もう半分は千切りにする。

②.酢と砂糖を混ぜたら、①と合わせる。

TOMO'Sコラム

湯葉は豆乳のタンパク質が凝固したもので、アミノ酸を中心とした
栄養価がとっても高い食品です。
大豆特有の成分についても、ポリフェノールの一種である
イソフラボンと脂質のレシチンがたっぷりです。
とりわけ渋みのサポニンは、豆を煮ると表面にでる泡にも多く含まれるため
湯葉でとるのが一番です。
これらの大豆の3大成分は、イソフラボンが骨粗しょう症に効果がある他
サポニンとレシチンは体内の悪玉コレステロールを抑制します。

続きを読む »

2014年5月27日 (火)

【エビ】『パッタイ』タイ風やきそば

_
今日ご紹介するレシピは、タイの焼きそば「パッタイ」です。
野菜のシャキシャキ感とえびのプリプリ感がおいしさの秘訣なので
上手に炒めてくださいね!

【エビ】『パッタイ』タイ風やきそば

材料(2人分)

センレック:150g
豚肉(こま切れ):50g
むきエビ:6尾
干しエビ:10g
ニラ:1/4束
もやし:50g
まいたけ:20g
人参:20g
 
【ソース】

鶏ガラスープ:小さじ1
干しエビの戻し汁:40cc
ナンプラー:大さじ1
オイスターソース:大さじ1/2
酢:大さじ1/2
砂糖:小さじ2

つくりかた

①.センレックは、袋の表示より1分短く茹でる。干しエビは水で戻す。

②.ニラは5cm幅に切る。まいたけは手でほぐす。人参は薄く短冊切りにする。

③.フライパンに豚肉、えび、人参、まいたけ、もやし、にらの順に炒めたら、①のセンレックを加え炒める。

④.ソース調味料を加え、炒め合わせる。

⑤.器に盛り、お好みでチリパウダーやピーナッツ、レモンなどを添える。

TOMO'Sコラム

えびの効能は、イカやタコに次いで多いタウリンと
殻に大量に含まれるキチン質です。

魚介類に多いタウリンは、血中コレステロールを抑えて
動脈硬化を予防する働きがあるとともに
肝機能強化や眼精疲労の緩和に力を発揮します。

食物繊維のキチン質は、近年、免疫力の活性化に役立つことがわかっているので
小さなエビなどは殻ごと食べるのがオススメです。

続きを読む »

2014年5月26日 (月)

【バジル】トマトとバジルのロールケーキ

Photo

だんだん夏日のような日差しの日が多くなってきましたねぇ。
こんな時は、さっぱりしたスイーツはいかがでしょうか。
イタリアの前菜“カプレーゼ”をイメージした初夏のスイーツです!
バジルの香りで気分も上げていきましょう♪

【バジル】トマトとバジルのロールケーキ

材料

卵:3個
砂糖:70g
薄力粉:40g
バジル:3g
生クリーム:20g
 
【トマトジャム】

ミニトマト:100g
砂糖:30g
レモン汁:大さじ1

【クリーム】
生クリーム:100g
クリームチーズ:40g
砂糖:大さじ1

つくりかた

※.バジルと生クリームをバーミックスでピューレ状にする。

①.卵は卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖でメレンゲを作る。

②.1に卵黄を1個ずつ加え、軽く混ぜる。

③.2に薄力粉をふるい入れ、切り混ぜ、バジルピューレを入れ粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

④.3を天板に広げ、180度のオーブンで10分焼く。

⑤.ミニトマトは、半分にカットし、小鍋に入れて砂糖と煮る。30分弱火にかけ、最後にレモン汁を入れ、冷ましておく。

⑥.ボウルにクリームチーズ→砂糖→生クリームと順に入れながら、よくホイップする。

⑦.4の生地に6のクリームを広げ、5のトマトを並べて巻く。

TOMO'Sコラム

古代ギリシャの「大家の薬草」として浴湯・薬に利用されるなど、古くからその効能が知られているバジル。
β-カロテンが多く含まれており、免疫力を高め、抗酸化作用があるといわれてます。

〇ガン予防
〇動脈硬化の予防
〇老化の防止
〇風邪の予防

などに良いとされ、また、バジルの香りの成分には鎮静作用•リラックス効果もあるんです!

続きを読む »

2014年5月 7日 (水)

【ナス】茄子のサワー漬け

_

パソコンや紫外線による目の疲れには、アントシアニンを!
目に良い食べ物といえば、ブルーベリーを挙げる人も多いですが
同じく紫色のナスだって、負けちゃいません!
しかも簡単なので、お酒のおつまみにも相性抜群です。

【ナス】茄子のサワー漬け

材料

ナス:1本
長ねぎ:1/3本
揚げ油
片栗粉:少々

☆【A】

飲むヨーグルト:大さじ21本分
だし汁:大さじ2
しょうゆ:大さじ2
コチジャン:小さじ1
唐辛子(小口切り):少々
塩:ひとつまみ

つくりかた

①.ナスは乱切りにし、片栗粉をまぶし揚げる。

②.長ねぎは3cm幅に切り、フライパンで焼き色をつける。

③.ボウルにAを合わせて、①と②を10分漬ける。

TOMO'Sコラム

目の疲労を改善する効果があるナス。
天然色素であるポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれていて
抗酸化作用とともに、血栓ができるのを防いだりする働きが
ナスにはあるんです!






続きを読む »

2014年4月29日 (火)

【みょうが】カリウムいっぱい! 野菜の一瞬漬け

__2

お酒のおつまみになる料理って、おいしいけれど塩分がたくさん含まれている点が
気になりますよね。
おいしいものを食べ続けるためにも、ずっと健康であり続けたいもの。
日頃、塩分過多になりがちな人に特にオススメしたい『野菜の一瞬漬け』。
このレシピ、すごく簡単なのに、さっぱりしておいしいんです!

カリウムいっぱい! 野菜の一瞬漬け

材料(4人分)

キャベツ:2枚
セロリ:1/4本
みょうが:2本
きゅうり:1本
輪切り唐辛子:1本分
塩:ひとつまみ
顆粒だし:小さじ1
酢:小さじ1

つくりかた

①.キャベツは1cm幅にカット。セロリとみょうがときゅうりは、薄い輪切りにする。

②.①と唐辛子と塩をビニール袋に入れて、袋の上を手で止めて具が混ざるまで大きくシェイクする。
そこに顆粒だしと酢を加えて、再び大きくシェイクする。

TOMO'Sコラム

カリウムの成分が多いので、塩分の摂り過ぎになる体内の余分なナトリウムを
体外に排出する働きがあります。
血圧を下げ高血圧の予防にも役立ち、また、心拍数の調整や
水分の調整に作用します。
胃液の分泌を活発にする作用もあり、夏バテなどの食欲減退にも効果的な効用があるので
オススメです。

続きを読む »

2014年4月22日 (火)

【アボカド】をまるごと使ったアボカド焼き

_

女性が抱えるトラブルのひとつに、便秘があります。
便秘が続くと、身体が重くて、つらいですよね。
肌荒れの原因にもなります。
今日は、食物繊維たっぷりのアボカドを使った簡単レシピをご紹介します。


【アボカド】をまるごと使ったアボカド焼き

材料(2人分)

アボカド:1個
マヨネーズ:大さじ2
しょうゆ:小さじ1/2br />
粉チーズ:小さじ2
パン粉:大さじ1

つくりかた

①.アボカドは、縦にカットし、種を除く。

②.マヨネーズ、しょうゆ、粉チーズをよく混ぜて、アボカドに種を除いた穴に等分ずつ入れる。パン粉をかけたらオーブンへ。

③.250℃のオーブンもしくはオーブントースターで10分焼く。

TOMO'Sコラム

アボカドはよく「森のバター」などと言われていますが
なんと「ギネスブック」に、生食の果実で栄養価NO.1と認定されています。
血圧を下げる効果があります。
また食物繊維を多く含むので、便秘で悩んでいる人にも
効き目があります。

続きを読む »

2014年3月27日 (木)

【鶏】鶏のさっぱり煮

_

日に日に紫外線が強くなってきましたね。
今日は、ビタミンCたっぷりのお料理「鶏のさっぱり煮」をご紹介します。
鶏はとてもヘルシーなので、カロリーを気にしている方にもオススメです。


【鶏】野菜をたっぷり使った鶏のさっぱり煮

材料(4人分)

鶏手羽元:600g
ブロッコリー:6片
卵:2個

水:3カップ
しょうが:1片
酒:大さじ3
砂糖:大さじ3
しょうゆ:大さじ4
酢:大さじ3
ごま油:大さじ1+1/2
鶏ガラスープの素:小さじ2

つくりかた

①.しょうがは薄くスライスにする。ブロッコリーは下茹でをする。茹で卵をつくる。

②.鍋にごま油を熱し、しょうがを炒め、鶏肉を加え焼き色がつくまで炒める。

③.②に水、ガラスープの素を加えて煮る。
茹で卵を入れ落し蓋をして10分煮たら、砂糖、酒を入れてさらに10分煮る。
しょうゆ、酢を入れさらに10分煮る。

④.下茹でしたブロッコリーを加え、温めたら出来上がり。

TOMO'Sコラム

ブロッコリーには、なんとビタミンCがレモンの2倍含まれているんです!
ビタミンCは美容に良いだけでなく、ガン予防や風邪予防にも欠かせない栄養素です。
さらに、カロチン、ビタミンB群、リン、カリウム、食物繊維などもたっぷり含まれていて、
皮膚や粘膜の抵抗力を強めて血糖値を正常に保ったり、便秘の改善などの効果も期待できます。

続きを読む »

2014年2月25日 (火)

【牛肉たっぷり】ビーフシチュー

_


これを一品つくるだけで、食卓にきちんと感が生まれるビーフシチューをご紹介します。
市販のルーではなく自分でつくるので、一度つくって自分好みの味に
どんどん改良してもOK!

みなさんの「自慢のレシピ」にぜひ加えてください。

『ビーフシチュー』

材料(2人分)

牛肉(カレー・シチュー用):400g
キウイ:1個
ヨーグルト:200g

玉ねぎ:2個
セロリ:1本
人参:小1本
じゃがいも:1個
トマト:1個
マッシュルーム:1パック
水:400cc
赤ワイン:200cc
固形ブイヨン(コンソメ):2個
ローリエ:1枚
トマトピューレ:100g
デミグラスソース缶:1缶
塩:適量
こしょう:適量
お好みでデコレーション用に、生クリームやパセリなど

つくりかた

①.キウイは皮を剥き、5mm幅に切る。
玉ねぎ1個分とセロリはみじん切りにする。
玉ねぎ1個とトマトは大きくくし切りにする。
マッシュルームはスライスにカット。
じゃがいもと人参は、一口大に乱切りにする。

②.(お肉を柔らかくする下準備)
ボウルに牛肉を入れ、さらにキウイとヨーグルトを入れて1時間漬ける。

③.鍋に油を熱し、みじん切りにした玉ねぎとセロリを炒める。
玉ねぎとセロリを端に寄せ、①の肉を取り出して炒め合わせ肉に
色が付いたら、水と赤ワイン100ccと固形ブイヨンと
ローリエを入れて、弱火で1時間以上煮込む。

④.別のフライパンに油を熱し、じゃがいもと人参を入れ炒める。

⑤.③に④を加え、さらに煮込む。
竹串をさしてスーっと通ったら、マッシュルームとトマトを加えて混ぜる。
デミグラスソース缶とトマトピューレと残りの赤ワインも加えて、
さらに30分煮込む。

塩とこしょうで味をととのえ、皿に盛り付ければ完成。
上から(お好みで)生ク リームとパセリをかける。

TOMO'Sコラム

牛肉にはビタミンB群が多く、身体の老廃物を代謝したり、 身体を
正常に働かせるために役立ち、ストレスや疲労の回復に
効果があります。
さらに鉄も多く含まれているため、貧血や低血圧を改善する
働きもあります。

続きを読む »

2014年2月 1日 (土)

【野菜たっぷり】ほっこりクリームシチュー

_


今日は作り置きしたい方や、たまには料理の手を抜きたい方にぴったりな
クリームシチューをご紹介します。

シチューの素を使わなくても、こんなにおいしくつくれるんですよ!
ぜひ、お試しください。

『ほっこりクリームシチュー』

材料(4人分)

白ワイン:小さじ4
塩・こしょう:適量

☆【A】

炒め油:適量
人参:120g
ベーコン:60g
鶏もも肉:300g
水:400cc

コンソメ:2個
ローリエ:1枚
くし切りの玉ねぎ:160g
じゃがいも:60g
さつまいも:60g
かぼちゃ:100g


 ☆【B】
バター:50g
みじん切りの玉ねぎ:80g
小麦粉:40g
牛乳:400cc

ブロッコリー:80g
塩・こしょう:適量

つくりかた

①.鶏もも肉は一口大に切り、ワイン、塩•こしょうをして下味をつけておく。
人参、じゃかいも、さつまいも、かぼちゃは乱切りにして、ベーコンは2cm幅にカット。
玉ねぎ80gはみじん切り、玉ねぎ160gはくし切りにする。
ブロッコリーは小房に分けて、下茹でをしておく。

②.☆【A】
油を鍋に入れて熱したら、人参とベーコンを入れてさっと炒める。
全体に油がまわったら人参とベーコンを寄せて、鶏肉を入れて焼き色をつける。
そこに水、コンソメ、ローリエ、くし切りの玉ねぎ、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリーを加えて具が柔らかくなるまで煮る。
アクが 出たら取り除く。

③.☆【B】
別の鍋にバターを入れて火にかける。
バターが半分くらい溶けたら、みじん切りの玉ねぎを入れて半透明になるまで炒めたら火を止める。
そして小麦粉をふるい入れ、全体に混ぜたら火をつけたら、粉っぽさがなくなって色が少し変わるまで炒める。
牛乳を3回に分けて加えのばして、全部入れたら5分間煮込む。

④.【A】に【B】を入れて、ローリエを取り出す。
コンロの火を中火から弱火にして、10分程煮込む。
食べる直前にブロッコリーを加え温めたら、塩•こしょうで味をととのえる。
器に盛りつけたら、できあがり!

TOMO'Sコラム

じゃがいもとさつまいもは、ビタミンCがとっても豊富!
加熱によってのり状になったでんぷんがビタミンCを保護することから、加熱に強いとされています。
ビタミンCは身体の免疫力を高めるだけでなく、かぜやがんの予防に効果があり、
シミやそばかすの予防にも効果があるので、免疫力を高めたい人や美肌づくりをしたい人には
特にオススメです。

続きを読む »

2014年1月29日 (水)

チキン南蛮丼

__2



甘酸っぱいチキンとタルタルの相性が抜群の
チキン南蛮丼をご紹介します。
とっても簡単なので、つくりかたさえマスターしたら
あまり時間をかけずにパパッとできる、おいしさ抜群の一品です。

『チキン南蛮丼』

材料(一人分)

鶏もも肉:150g
塩・こしょう:適量
卵:1/2個分
小麦粉:適量

☆南蛮酢
しょうゆ:大さじ1
砂糖:大さじ1
酢:大さじ1+1/2

☆タルタルソース
タルタルソースマヨネーズ:大さじ2
しば漬け(みじん切りにしたもの):小さじ2

ごはん:150g~
キャベツ:50g
刻み海苔:適量

つくりかた

①.鶏もも肉は一口大の大きさに切り、塩・こしょうをかけておく。キャベツは千切りにする。

②.①に溶き卵をくぐらせ、小麦粉をまぶす。170~180℃でからりと揚げる。

③.②が熱いうちに(南蛮酢)を合わせたものの中に入れておく。

④.ご飯を器に入れ、キャベツを敷き、3の鶏肉を盛り付け、ソース(タルタルとしば漬けを混ぜたもの)をかけ、刻み海苔をトッピングする。

TOMO'Sコラム

タルタルソースに含まれるパセリは、カロテンが豊富で動脈硬化を予防し、
ビタミンCや鉄分もほうれん草の約4倍も含んでいるんです。
風邪の予防や美肌、貧血防止に効果があるので、女性のみなさんは
特に積極的に食べることをオススメします。

続きを読む »