ごあいさつ

  • レシピ開発、フードプロデュース、飲食に関するイベントの運営、お菓子&パン教室講師などのご相談はメールまたはお電話で受け付けております。お待ちしております。

著作権について

  • ※ブログ記事内の全ての記述・画像の無断転記・無断複製はお断り致します。

④野菜スイーツ Feed

2014年5月26日 (月)

【バジル】トマトとバジルのロールケーキ

Photo

だんだん夏日のような日差しの日が多くなってきましたねぇ。
こんな時は、さっぱりしたスイーツはいかがでしょうか。
イタリアの前菜“カプレーゼ”をイメージした初夏のスイーツです!
バジルの香りで気分も上げていきましょう♪

【バジル】トマトとバジルのロールケーキ

材料

卵:3個
砂糖:70g
薄力粉:40g
バジル:3g
生クリーム:20g
 
【トマトジャム】

ミニトマト:100g
砂糖:30g
レモン汁:大さじ1

【クリーム】
生クリーム:100g
クリームチーズ:40g
砂糖:大さじ1

つくりかた

※.バジルと生クリームをバーミックスでピューレ状にする。

①.卵は卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖でメレンゲを作る。

②.1に卵黄を1個ずつ加え、軽く混ぜる。

③.2に薄力粉をふるい入れ、切り混ぜ、バジルピューレを入れ粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

④.3を天板に広げ、180度のオーブンで10分焼く。

⑤.ミニトマトは、半分にカットし、小鍋に入れて砂糖と煮る。30分弱火にかけ、最後にレモン汁を入れ、冷ましておく。

⑥.ボウルにクリームチーズ→砂糖→生クリームと順に入れながら、よくホイップする。

⑦.4の生地に6のクリームを広げ、5のトマトを並べて巻く。

TOMO'Sコラム

古代ギリシャの「大家の薬草」として浴湯・薬に利用されるなど、古くからその効能が知られているバジル。
β-カロテンが多く含まれており、免疫力を高め、抗酸化作用があるといわれてます。

〇ガン予防
〇動脈硬化の予防
〇老化の防止
〇風邪の予防

などに良いとされ、また、バジルの香りの成分には鎮静作用•リラックス効果もあるんです!

続きを読む »

2013年10月31日 (木)

【かぼちゃ】のモンブラン

_

10/31はハロウィンですね!
福岡でも、仮装をして街を歩いている人たちを見かけます。

今日は、おやつにもプレゼントにもぴったりな「かぼちゃのモンブラン」をご紹介します。
クリスマスやお誕生会の演出にも、ぜひどうぞ。

『かぼちゃのモンブラン』

カップケーキ 6個分

☆生地
無塩バター:100g
砂糖:100g
卵:100g
薄力粉:100g

☆モンブランクリーム
かぼちゃ:280g
砂糖:80g
無塩バター:80g
生クリーム:25g
ホワイトチョコレート:25g

ラム酒:15cc

飾り:お好みで

つくりかた

~カップケーキをつくりかた~

①.あらかじめ、オーブンを温めておく。 ※予熱時間はオーブンによって異なるので、オーブンに従ってください。

②.室温に戻したバターをクリーム状にして砂糖を入れて、白っぽくなるまですり混ぜる。

③.①に卵を10回に分けて入れる。入れるたびによく混ぜ合わせることが、おいしくなるポイント。

④.②に薄力粉を振るいに入れて、ゴムベラで切り混ぜる。

⑤.③を6つのカップに入れて、予め予熱していたオーブンで180℃で25分焼く。



~モンブランクリームのつくりかた~

⑥.かぼちゃを茹でるか蒸すかして、熱いうちに裏ごす。

⑦.⑤に砂糖、(室温に戻した)バター、生クリーム、(溶かした)ホワイトチョコレート、ラム酒を
順に入れてよく混ぜ合わせる。
※クリームがゆるい場合は、⑥を鍋に移して弱火にかけて、水分を飛ばす。

⑧.手でカップケーキ触って冷めたなあと思ったら、絞り器を使って⑥のクリームを絞り出す。

⑨.お好みでトッピングをする。

TOMO'Sコラム

できあがったカップケーキは、できるだけ当日中にお召し上がりください。
もし、次の日まで持たせたい場合は、タッパーに入れて密閉後に冷蔵庫へ。
絞り器からの抽出は難しいですが、お子さんと一緒に遊び感覚でしても 楽しいですよね!

さて、そんなかぼちゃの効用ですが

○活性酸素除去
○動脈硬化予防
○肌荒れ予防
○肩こり改善
○冷え性改善

などなど、野菜の中でもトップクラスの栄養価!
女性の強~い味方なんです。

2013年9月 8日 (日)

【ほうれん草】とトマトのショートケーキ

20120806123249

久しぶりにケーキのレシピ紹介です。
夏っぽく爽やかなショートケーキbirthday
夏の終わりにいかがですか?sun


『ほうれん草とトマトのショートケーキ』

材料(15cm丸型1台分)

卵:2個
砂糖:70g
薄力粉:70g

生クリーム:200cc
クリームチーズ:50g
砂糖:20g
ミニトマト:適宜
生クリーム:200cc

砂糖:大さじ1
水:大さじ2
ラム酒:大さじ2

つくりかた

①.スポンジ生地を作る~卵と砂糖をボールに入れリボン状(もったりするまで)攪拌する。薄力粉をふるい入れ切り混ぜる。粉っぽさが無くなったら、型に流し入れ180℃で30分焼く。

②.クリームを作る~ボウルにクリームチーズを入れホイッパーでクリーム状にする。そこに砂糖を加え、生クリームも少しずつ加え、ホイップする。

③.シロップを作る~小鍋に砂糖と水を入れ、火にかける。砂糖が溶けたら、火を止め、ラム酒を加える。

④.①のスポンジ生地を横半分にカットし、切った断面に③のシロップを打つ、スポンジ生地を回転台にのせ、②のクリームの1/4をのせ広げる。切ったトマトものせ、上からもう一枚のスポンジをのせサンドする。周囲にクリームを塗り、上にもトマトをトッピングする。

TOMO'Sコラム

ほうれん草の効能って、何があるか知っていますか?
ほうれん草は、風邪、がん、動脈硬化の予防や高血圧を下げる効果
美肌効果があると言われてます。
これから(秋から冬にかけて)が旬のお野菜なので、たくさん摂りたいですね☆

2013年8月 3日 (土)

【茄子】夏野菜のラタトゥイユ

Dsc05757_2

暑い日が続くと、食欲もあまり出ないですよね。
こんなときは、トマトの缶詰めを使ったラタトゥイユをどうぞ。

このまま単体で食べてもおいしいし、パスタの上にかけてもサッパリして
おすすめです。

『夏野菜のラタトゥイユ』

材料

茄子:2本
ズッキーニ:2本
かぼちゃ:1/8個
赤パプリカ:1個
黄パプリカ:1個
ピーマン:2個
玉ねぎ:1個
ベーコン:50g

オリーブ油:大さじ2~
トマト缶:1缶
固形ブイヨン:2個
にんにく:1片
唐辛子:1本
ローリエ:1枚
赤ワイン:100cc
塩•こしょう:適量
砂糖:適量
レモン汁:大さじ1
※しめじやしいたけなどのきのこ類やにんじん、セロリ、など
お好みの野菜も加えてOK!

つくりかた

①.なす、ズッキーニは1cm幅の輪切りにしてからさらに4等分し、
なすは切ったら水にさらしておく。
ピーマン、パプリカ、玉ねぎ、かぼちゃもズッキーニも、なすと同じくらいの
大きさに切る。

②.かぼちゃはラップをして、電子レンジ(600wの場合)約2分加熱。
ベーコンは1cm幅に切り、にんにくはみじん切りにする。

③.鍋に、オリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて弱火にかけ
香りが出てきたら火を強め、ベーコンを炒めてから
かぼちゃ以外の残りの野菜も加える。
全体に油が回るまで炒める。

④.②にトマト水煮缶、ローリエ、ワイン100cc、固形ブイヨンを加えて
中火で10分煮る。

⑤かぼちゃを加えてさらに5分間煮たら、砂糖、塩・胡椒、レモン汁で
味をととのえる。

TOMO'Sコラム

野菜は、旬の時期に一番栄養価が高く、不思議とその時期に必要な栄養素が
詰まっています。
夏野菜には、水分やカリウムを豊富に含んでるものが多く
身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれる、ありたがい食材
なんです!

2013年5月11日 (土)

【パプリカ】を使ったロールケーキ

07_2_2

うちのカフェのお野菜スイーツのルーツともいえるパプリカを使ったレシピを
ご紹介します!


パプリカに含まれている“ビタミンP”は、衰えた血管を修復して
太くて丈夫な血管にしてくれます。
動脈硬化や脳卒中などの予防に効果が期待できます。

『パプリカのロールケーキ』

材料

卵:3個
砂糖:65g
薄力粉:45g
ベーキングパウダー:小さじ1/2

☆パプリカの甘煮
パプリカ赤・黄:各1個
砂糖:40g
塩:ひとつまみ

☆クリーム
生クリーム:200g
砂糖:大さじ2
バニラエッセンス:少々
飾り用セルフィユ:少々

つくりかた

①.パプリカの種を除き、熱湯で茹で、薄皮をむく。

②.細切りにし、砂糖を加えて汁気がなくなる程度に煮て甘煮をつくり、
半分をミキサーにかけてピューレにし、残りは角切りにしておく。

③.粉はベーキングパウダーと合わせてふるっておき、卵は卵黄、卵白に分けて、
まず卵白を泡立て砂糖を3回にわけて加え、しっかりしたメレンゲを作る。

④.3に卵黄を1ヶずつ加え、混ぜ合わせる。

⑤.次にふるっておいた粉をさっくりと混ぜ、ピューレも混ぜる。
紙を敷いたオーブン皿に生地を入れてカードで平らに広げ、180度に
予熱しておいたオーブンで15分程焼く。

⑥.ロール生地が焼き上がったら、冷めてから砂糖を加えて、ホイップした
生クリームを塗り、飾り用を少し残して角切りパプリカを散らして巻き込む。

TOMO'Sコラム

カロテンたっぷりの“赤いパプリカ”。
肌荒れ予防に最適なんです!
炒めて食べるとカロテンの吸収力がさらにアップ!!
他にも・・・



「パプリカには、それぞれ色によって栄養が異なります」
黄色のパプリカには、ピーマンの約3倍のビタミンEが、
オレンジ色のパプリカには、ピーマンの約3.5倍のビタミンCが、
赤色のパプリカには、ピーマンの約5倍のカロテンが含まれています。


パプリカを食べて美肌を手に入れよう
もっと詳しくは

パプリカ

九州電力のコチラ⇓
http://www.kireilife.net/pages/recipe_papurikaroll.html
を見てねhappy01



Header_top
しかも!!!
コチラ(楽天)で買えちゃいますw

http://item.rakuten.co.jp/supple-itb/sw-cp-016/