ごあいさつ

  • レシピ開発、フードプロデュース、飲食に関するイベントの運営、お菓子&パン教室講師などのご相談はメールまたはお電話で受け付けております。お待ちしております。

著作権について

  • ※ブログ記事内の全ての記述・画像の無断転記・無断複製はお断り致します。

③パン Feed

2013年11月13日 (水)

【ほうれん草とベーコン】のキッシュ

__2

冷めても、電子レンジでチン♪
その場で食べても、温めて食べてもおいしい、キッシュのつくりかたを
ご紹介します。


今回は、タルト生地からつくりますが、市販のタルト生地を使ってつくる場合は
「☆キッシュのフィリング(中身)」からご覧くださいね。
これからの季節、具材に鮭を使ってもおいしいですよ。


『ほうれん草とベーコンのキッシュ』(18cmタルト型)

材料

☆ブリゼ生地
薄力粉:100g
バター:60g
塩:ひとつまみ
冷水:25~30cc
※材料は、前もって冷蔵庫で冷やしておく

☆キッシュのフィリング(中身)
卵:1個
卵黄:1個分
牛乳:100cc
生クリーム:100cc
チーズ(溶けるタイプ):50g
こしょう:少々
ナツメグ:少々
お好みの具材を適量(今回は、ほうれん草としめじ、ベーコン)

つくりかた

~生地のつくりかた~
①.ふるった薄力粉の上で、バターを切る。

②.粉をまぶしながらバターを米粒位の大きさまで細かくカットする。

③.両手で粉とバターをすくって手を丸く少し浮かせた感じでこすり合わせて、パラパラと落とす。

④.真ん中でコルヌ(別名:スケッパー、ドレッジ)を回転させて、線状にする。

⑤.冷水で塩を溶かす。

⑥.中心の水の部分にまわりの粉をかけ、水が流れ出さないように急いで切り混ぜる。

⑦.コルヌで長方形にまとめる。

⑧.半分に切り、2つを重ねて押さえる(3~4回繰り返す)。

⑨.全体に馴染んだらコルヌで角を押さえて丸く整える(⇒1時間以上冷蔵庫へ)


~タルト生地への流し込み~完成まで~
①.材料を混ぜ合わせる。

②.消毒した作業台に打ち粉をして生地を出し、2~3mmの厚さの伸ばす。

③.両面の粉をはらい、フォークで穴を開ける。

④.綿棒に巻きつけて、型の上にのせる。

⑤.型にぴったり密着させたら、重石(お米や豆など、燃えないものだったら代用可)をのせて、230℃で13分間空焼きする。

⑥.重石を外して、230℃で13分空焼きする。

⑦.少し冷ましてから、種をタルト生地に流し込みで具を散らす。

⑧.180℃で20分焼く。

TOMO'Sコラム

クリームチーズ、モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラなど、おいしくて種類も豊富なチーズへの需要が高まり
今では簡単に手に入るようになりましたね。
さて、チーズの効能をご存知ですか?

「乳製品ってことしか知らない…」という人も多いかと思いますが、チーズは

○制ガン作用
○視力強化、肌荒れに効果
○発育促進
○肝臓の働きを良くする

などの働きがあるんです。
乾燥しやすい秋から冬にかけて、みなさんの食事にチーズを取り入れるといいかもです!

2013年10月16日 (水)

【とろっと卵が魅力!】エッグベネディクト

__2

2012年から、世の中の卵好きの人を魅了し続けている「エッグベネディクト」。
テレビや雑誌を見るたびに「ああ、こんなステキな朝食が食べれたら…」と
思っている人も多いのではないでしょうか。

休日の朝食やブランチに、ちょっぴり優雅な食事を楽しみませんか?
今回は、明太子のソースを使ったエッグベネディクトをご紹介!

『エッグベネディクト』

材料(1人分)

イングリッシュマフィン:1個
ほうれん草:適量
ベーコン:2枚

☆ポーチドエッグ
卵:2個
水:500cc
酢:大さじ2

☆明太オランデーズソース
卵黄:1個分
白ワイン:大さじ2
無塩バター:50g
明太子(皮をはがしたもの):小さじ2
こしょう:少々

つくりかた

①.イングリッシュマフィンは、横半分にカットをして200℃で5分間加熱する。

②.ほうれん草は茹でた後、水気を切る。ベーコンは、カリッとなるまで焼く。

③.次は、ポーチドエッグづくり! 鍋に水を入れて沸騰したら、お酢をよくかき混ぜて、再び沸騰をしたら
ゆっくり卵を入れる。卵白がまとまってきたら、穴あきお玉でゆっくり取り出して水気を切る。

④.次は、オランデーズソースづくり! 小鍋に白ワイン入れて、火を入れる。1/3ぐらいの量になるまで煮詰める。
その間にボウルに卵黄入れ混ぜておく。白ワインがゆっくりともったりするまで卵黄に加えて
混ぜ合わせる。さらに溶かしたバターをソースにゆっくり加えて、少しずつ混ぜる。
混ざったら湯せんにかけてとろみをつける。とろみがついたところで、明太子とこしょうを加えて混ぜ合わせる。

⑤.最後に盛り付け! ①のマフィンの上に②のほうれん草とベーコンをのせて、
その上に③ のポーチドエッグをのせて④のソースをかければできあがり!

TOMO'Sコラム

卵はみんなが知っている元気の素! 脳を活性化して、アルツハイマー病の予防にもひと役買います。
他には、
○生活習慣病の予防
○美肌づくり
○風邪に負けない身体づくり
などに効果的です。
すぐれた抗酸化作用があり、身体の老廃物や毒素などを排出してくれます。

2013年6月10日 (月)

【高菜】を使った明太まん

Done

今日は2012年に、私がヘルシオレシピグランプリで優秀賞をとったレシピを
ご紹介しますconfident

『博多包子』~高菜明太まん

材料(4人分)

☆生地①
強力粉:80g
砂糖:大さじ1
ドライイースト:小さじ1/2
とんこつスープ:50cc

☆生地②
薄力粉:80g
ベーキングパウダー:小さじ3/4
塩:小さじ1/6
とんこつスープ:30cc
ショートニング:6g

☆具
明太子:15g
高菜:20g
豚挽き肉:50g
玉ねぎ:20g
セロリ:10g
干ししいたけ:6g
干しきくらげ:5g
キャベツ:20g

☆調味料
砂糖:小さじ1/2
塩:少々
しょうゆ:小さじ1/2
酒:大さじ1
ごま油:小さじ1
おろしにんにく:小さじ1/2
おろししょうが:小さじ1/2

片栗粉:大さじ1/2
水:大さじ1

つくりかた

①.具材の野菜はみじん切りにしておく。
熱したフライパンにごま油をひき、にんにく→ しょうが→ 玉ねぎ→ セロリ→
豚挽き肉→残りの具の順に炒めて、最後に水溶き片栗粉を回し入れ、
粗熱をとって4等分にする。

②.生地1の材料に40℃くらいに温めたとんこつスープを入れ、
木べらで混ぜほぼまとまってきたら、手でこねる。
丸めてボウルに移し、ラップをして40℃で30分発酵させる。

③.②に「生地②」の材料をふるい入れ、混ぜ合わせる。
ショートニングを加え、よくするこませるようにこね合わせる。

④.③が均一になったら4等分にして丸めなおし、10分置く。

⑤生地を10cmくらいに広げて、①の具を挟みこまない様に包む。

⑥⑤を蒸し器で20分蒸す。

TOMO'Sコラム

高菜は、ミネラル、ビタミン、食物繊維がバランスよく豊富に含まれています。
特出しているのは、葉酸とビタミンC。
ビタミンCは免疫力を高める白血球の働きの強化や、抗ストレスビタミン、
メラニン色素の生成の抑制、赤血球の合成等多くの働きがあります。

また、抗酸化力が強いので動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの
予防効果もあります。
辛味はアリルイソチオシアネートで、血栓予防や抗がん作用が期待できます。

なお、高菜漬けにするとミネラル類とビタミンA、食物繊維は増えますが
他のビタミン類は減少します。
ナトリウムは2300mg、食塩相当量は5.8gにもなるので食べすぎは
気をつけましょう。

「ヘルシオレシピ」のときに撮った写真です。
懐かしいなあ。

_phototop08_2

_phototop02

レシピ⇓
https://food.minpos.com/healsio_recipe_gp2012/recipes/022.html