ごあいさつ

  • レシピ開発、フードプロデュース、飲食に関するイベントの運営、お菓子&パン教室講師などのご相談はメールまたはお電話で受け付けております。お待ちしております。

著作権について

  • ※ブログ記事内の全ての記述・画像の無断転記・無断複製はお断り致します。

⑨スープ Feed

2014年2月25日 (火)

【牛肉たっぷり】ビーフシチュー

_


これを一品つくるだけで、食卓にきちんと感が生まれるビーフシチューをご紹介します。
市販のルーではなく自分でつくるので、一度つくって自分好みの味に
どんどん改良してもOK!

みなさんの「自慢のレシピ」にぜひ加えてください。

『ビーフシチュー』

材料(2人分)

牛肉(カレー・シチュー用):400g
キウイ:1個
ヨーグルト:200g

玉ねぎ:2個
セロリ:1本
人参:小1本
じゃがいも:1個
トマト:1個
マッシュルーム:1パック
水:400cc
赤ワイン:200cc
固形ブイヨン(コンソメ):2個
ローリエ:1枚
トマトピューレ:100g
デミグラスソース缶:1缶
塩:適量
こしょう:適量
お好みでデコレーション用に、生クリームやパセリなど

つくりかた

①.キウイは皮を剥き、5mm幅に切る。
玉ねぎ1個分とセロリはみじん切りにする。
玉ねぎ1個とトマトは大きくくし切りにする。
マッシュルームはスライスにカット。
じゃがいもと人参は、一口大に乱切りにする。

②.(お肉を柔らかくする下準備)
ボウルに牛肉を入れ、さらにキウイとヨーグルトを入れて1時間漬ける。

③.鍋に油を熱し、みじん切りにした玉ねぎとセロリを炒める。
玉ねぎとセロリを端に寄せ、①の肉を取り出して炒め合わせ肉に
色が付いたら、水と赤ワイン100ccと固形ブイヨンと
ローリエを入れて、弱火で1時間以上煮込む。

④.別のフライパンに油を熱し、じゃがいもと人参を入れ炒める。

⑤.③に④を加え、さらに煮込む。
竹串をさしてスーっと通ったら、マッシュルームとトマトを加えて混ぜる。
デミグラスソース缶とトマトピューレと残りの赤ワインも加えて、
さらに30分煮込む。

塩とこしょうで味をととのえ、皿に盛り付ければ完成。
上から(お好みで)生ク リームとパセリをかける。

TOMO'Sコラム

牛肉にはビタミンB群が多く、身体の老廃物を代謝したり、 身体を
正常に働かせるために役立ち、ストレスや疲労の回復に
効果があります。
さらに鉄も多く含まれているため、貧血や低血圧を改善する
働きもあります。

続きを読む »

2014年2月 1日 (土)

【野菜たっぷり】ほっこりクリームシチュー

_


今日は作り置きしたい方や、たまには料理の手を抜きたい方にぴったりな
クリームシチューをご紹介します。

シチューの素を使わなくても、こんなにおいしくつくれるんですよ!
ぜひ、お試しください。

『ほっこりクリームシチュー』

材料(4人分)

白ワイン:小さじ4
塩・こしょう:適量

☆【A】

炒め油:適量
人参:120g
ベーコン:60g
鶏もも肉:300g
水:400cc

コンソメ:2個
ローリエ:1枚
くし切りの玉ねぎ:160g
じゃがいも:60g
さつまいも:60g
かぼちゃ:100g


 ☆【B】
バター:50g
みじん切りの玉ねぎ:80g
小麦粉:40g
牛乳:400cc

ブロッコリー:80g
塩・こしょう:適量

つくりかた

①.鶏もも肉は一口大に切り、ワイン、塩•こしょうをして下味をつけておく。
人参、じゃかいも、さつまいも、かぼちゃは乱切りにして、ベーコンは2cm幅にカット。
玉ねぎ80gはみじん切り、玉ねぎ160gはくし切りにする。
ブロッコリーは小房に分けて、下茹でをしておく。

②.☆【A】
油を鍋に入れて熱したら、人参とベーコンを入れてさっと炒める。
全体に油がまわったら人参とベーコンを寄せて、鶏肉を入れて焼き色をつける。
そこに水、コンソメ、ローリエ、くし切りの玉ねぎ、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリーを加えて具が柔らかくなるまで煮る。
アクが 出たら取り除く。

③.☆【B】
別の鍋にバターを入れて火にかける。
バターが半分くらい溶けたら、みじん切りの玉ねぎを入れて半透明になるまで炒めたら火を止める。
そして小麦粉をふるい入れ、全体に混ぜたら火をつけたら、粉っぽさがなくなって色が少し変わるまで炒める。
牛乳を3回に分けて加えのばして、全部入れたら5分間煮込む。

④.【A】に【B】を入れて、ローリエを取り出す。
コンロの火を中火から弱火にして、10分程煮込む。
食べる直前にブロッコリーを加え温めたら、塩•こしょうで味をととのえる。
器に盛りつけたら、できあがり!

TOMO'Sコラム

じゃがいもとさつまいもは、ビタミンCがとっても豊富!
加熱によってのり状になったでんぷんがビタミンCを保護することから、加熱に強いとされています。
ビタミンCは身体の免疫力を高めるだけでなく、かぜやがんの予防に効果があり、
シミやそばかすの予防にも効果があるので、免疫力を高めたい人や美肌づくりをしたい人には
特にオススメです。

続きを読む »

2013年8月22日 (木)

【ピーマン】を使った簡単パエリア

__2


おもてなし料理としても大活躍のパエリアをご紹介しちゃいます。
一見難しそうだけど、ご家庭にあるフライパンで簡単にできちゃうんです!
今回は、パエリアにも合うガスパチョを一緒にご紹介。

『プライパンで簡単パエリア』

材料(4人分)

米:2合
水:400cc
コンソメ:2個
ターメリック:適量
にんにく:1片
玉ねぎ:1/2個
鶏肉:200g
えび:100g
あさり:16個くらい
ピーマン:1個
パプリカ赤•黄色:1/2個ずつ
塩:少々
こしょう:少々
オリーブ油:大さじ2
粉パセリ:適量

つくりかた

①.にんにくと玉ねぎはみじん切りにする。鶏肉は一口大に切って、塩こしょうをしておく。
海老は背わたを取って、洗う。あさりは砂抜きしておく。ピーマンとパプリカは種をとって縦に切る。

②.フライパンに油をひき、パプリカとピーマンを炒め皿に取り出す。鶏肉→えび→あさりと炒める。

③.別のフライパンに油をひき、弱火でにんにくを炒める。香りが出たら、火を強め玉ねぎを炒める。
そこに米を加え炒める。米を触って、熱くなってたらOK。

④.③にスープ(水+コンソメ+ターメリック)を加え、鶏肉、えび、あさりを並べ、蓋をして沸騰させる。
沸騰したら、弱火にして15分炊く。最後、強火にして1分間水分を飛ばす。

⑤.パプリカとピーマンをトッピングしパセリを振ったら出来上がり。

『ガスパチョ』

材料(4人分)

トマト:400g
セロリ:50g
玉ねぎ:100g
にんにく:1片
ピーマン:2個
パプリカ赤•黄:1/2個ずつ
パン粉:大さじ2
水:150cc
コンソメ:2個
塩:少々
黒こしょう:少々

つくりかた

①.材料の野菜は1cm角に切っておく。にんにくはみじん切り
(トマトとパプリカとピーマンをトッピング用に少し取っておく)。

②.鍋に油をひきて弱火でにんにくを炒め、香りが出たら、火を強める。玉ねぎとセロリをしんなりするまで炒める。
そこにピーマン、パプリカ、パン粉、トマトの順に加え炒める。

③.②に水とコンソメを加え火を通す。コンソメが溶けたら、塩こしょうし、ミキサーにかける。

④.器に盛ってオリーブ油をたらし、①で残しておいたトマト、パプリカ、ピーマンをトッピングしたら出来上がり。

TOMO'Sコラム

ピーマンの効能って、何があるか知っていますか?
ピーマンは、動脈硬化や高血圧、風邪、感染症の予防にいいんです。
しみやそばかす、吹き出物などお肌のトラブルにも効くので、これからの季節
夏から秋にかけてお肌のトラブルが多い人は、ぜひピーマンでお肌バランスを保ってくださいね。

2013年5月17日 (金)

【トマト】がたっぷりブイヤベース

253785_224564780900668_590395_n

今日は、生徒さんから『せんせーい、おかわりしても
いいですかぁ?』ってよく言われる絶品ブイヤベースのレシピを
公開しますconfident

『bouillabaisse(ブイヤベース)』

材料(4人分)

有頭エビ :4匹
鱈:1~2切れ
ムール貝:5こ
いか:1はい
白ワイン:150cc
イタリア産トマト水煮缶:1缶
水:200cc
ブイヨン:1個
ローリエ:1枚
タマネギ:1/2こ
セロリ:1/4本
人参:40g
ピーマン:2こ
にんにく :1片
赤唐辛子:1本
オリーブオイル:70cc
ブラックペッパー、塩 :適宜

つくりかた

①.にんにく、タマネギ、セロリ、はみじん切りに。
人参とピーマンは乱切りに。
エビは頭をつけたまま殻を剥いて、背わたを取る。
イカは1cm幅に切る。

②.鍋にオリーブオイルを70ccくらい入れて、にんにくを入れて
弱火で香りを出す。
赤唐辛子は種を除いて加え、さらにタマネギ、セロリ、人参を10~20分くらい
炒めます。

③.かなり炒めた後に、タラ、イカ、ムール貝、ピーマンに焼き色を付け、
一端取り出します(形が崩れ、イカは固くなるため)。

④.エビを入れ、両面焼いて、赤くなったら、一気に強火にして白ワインを
一気に入れる。

⑤.火を中火にして、トマト、水とブイヨンとローリエを加える
(途中煮たってあくが浮いたら、丁寧に除く)。

⑥.3を入れ、再び30分ほど煮込む。
塩コショウは味を見ながら加える。

⑦.混ぜすぎると崩れるので、なるべく鍋を揺するか木べらで混ぜる。
できあがったら、フランスパンと一緒に。

TOMO'Sコラム

トマトは、お通じをよくする食物繊維、肌を丈夫にするリコピンなど
女性を綺麗にしてくれる栄養素がいっぱいheart
とくにエビやタラや貝類など高たんぱくで低脂肪の食材をたっぷり使った
ブイヤベースは、ボリュームはありますがカロリーは控えめなので、
ダイエット中の方におすすめのヘルシーなメニューです。

2013年5月12日 (日)

【春キャベツ】を使ったパスタとスープ

Ph_164

こんばんは。
レシピブログ3日目のTOMOです。
継続できるよう、ぼちぼち頑張りますsmile


今日は、今月のウチの料理レッスンのレシピをご紹介します
(ここでレシピを紹介してるのは)うちの生徒さまには内緒ですcoldsweats02sweat01
春野菜をたーっぷり使ったメニュー構成にしています。
是非作ってみて下さい!

『春キャベツとアンチョビのパスタ』

材料(4人分)

スパゲティー:240g
熱湯:2~3ℓ
塩:大さじ1+1/2
オリーブオイル:小さじ1
春キャベツ:240g
アンチョビー(缶):28g
缶のオイル:小さじ2
オリーブオイル:大さじ3+1/3
にんにく:16g
赤唐辛子:2本前後

つくる前のしたごしらえ

キャベツは、2cm位のザク切り
にんにくは、皮と芯を除きみじん切り
赤唐辛子は、水で戻して竹串等を差し込み中の種を除き、小口切り

つくりかた

ソースを作る
オリーブ油と缶のオイル(計大さじ4)、にんにく、赤唐辛子をフライパンに入れて
弱火にかける。
にんにくが黄金色になるまで3~5分加熱。焦がさないように注意。

②アンチョビー缶を1枚ずつはがして広げ入れ、混ぜずに火を通す。

パスタを茹でる
ソースの出来上がりと合うように時間を見計らってね
スパゲティーを熱湯、オリーブ油、塩の中に入れ茹でる。
パスタの茹で時間が残り1~2分になったところでキャベツを入れて加熱。

④パスタとキャベツをザルにあけ、水気を切る。
②の中に入れ、手早く混ぜ合わせ、味を見て塩を少々を加え盛り付ける。

『春キャベツのチャウダー』

材料

春キャベツ:100g
新玉ねぎ:120g
人参:40g
新じゃがいも:100g
ベーコン:2枚(35g)
粗挽きソーセージ:2本(40g)
鶏もも肉:60g
  ※(下味)白ワイン小さじ2、塩、こしょう少々
サラダ油:小さじ1
小麦粉:大さじ2
水:400cc
コンソメ:4g
牛乳:200cc
塩:ひとつまみ
こしょう 少々

つくりかた

・材料は全て1cmの角切りにしておく
①フライパンに油をひき、ベーコンを炒める。

②バターを溶かして、玉ねぎを炒める。

③しんなりとしたら端に寄せ、鶏肉を下味ごとに加え、色が変わるまで炒める。

④人参、じゃが芋、キャベツの芯・葉、ソーセージの順に加えて炒める。

⑤火を止め、小麦粉大さじ2をふるい入れて全体を混ぜ、火をつける。

⑥粉っぽさがなくなるまで炒める。

⑦水、コンソメを加え混ぜながら煮込む。

⑧じゃが芋がやわらかくなったら牛乳を加えて温める。

⑨塩、こしょうで味を調え、盛り付ける。

『新じゃがとそら豆のパスタ』

材料

新じゃがいも:400g
オリーブオイル:大さじ1
そら豆:16粒
塩:小さじ1
マヨネーズ:大さじ3
粒マスタード:小さじ1
しょうゆ:小さじ1
黒こしょう:少々
塩:ひとつまみ
パセリ:少々

つくりかた

①じゃが芋は皮をむき2cm角切りにし、水にさらして鍋に入れ、ひたひたの
水を注ぎ下茹でをする。

②竹串がすーっと通る位になったらザルに上げる。

③オリーブ油を熱したフライパンの中で強火で両面を焼く。

④そら豆を塩茹でする。

⑤ソースを混ぜ合わせ、じゃが芋とそら豆を加え合える。

⑥盛り付けて、パセリをちらす。

TOMO'Sコラム

1年の中で、3回旬を迎える野菜”キャベツ”。
冬キャベツや夏キャベツなどがありますが、甘みが増し、生の状態で
最も美味しく食べることができるのは、まさに今旬を迎えている
”春キャベツ”なのです。