ごあいさつ

  • レシピ開発、フードプロデュース、飲食に関するイベントの運営、お菓子&パン教室講師などのご相談はメールまたはお電話で受け付けております。お待ちしております。

著作権について

  • ※ブログ記事内の全ての記述・画像の無断転記・無断複製はお断り致します。

④-1スイーツ Feed

2013年12月22日 (日)

クグロフ

_

今日は、冬にぴったりなスイーツのひとつ「クグロフ」のレシピを
クリスマスバージョンでご紹介します!
波を打つような柔らかな曲線を描いていて、華やかなおかしだと思いませんか?
このクグロフは、かのマリー・アントワネットも大好きだったそうなんです。

『クグロフ』

材料(クグロフ型・小12cm)

☆生地
無塩バター:75g
砂糖:60g
卵:2個
薄力粉:35g
アーモンドパウダー:35g
ベーキングパウター:小さじ1/2
ドライフルーツ:50g
くるみ:20g
ラム酒:大さじ1

☆飾り用
ホワイトチョコレート:40g
ドライフルーツ:お好みで

つくりかた

①.ボウルに室温に戻したバターを入れクリーム状にし、砂糖の1/3量加えて白っぽくなるまで混ぜる。

②.卵黄を1個づつ加えてさらに混ぜ、アーモンドパウダーも加える。

③.卵白と残りの砂糖でメレンゲをつくる。

④.②にメレンゲの1/3を加えよく混ぜ合わせる。薄力粉とベーキングパウダーを1/2ふるい入れ、ドライフルーツとくるみとラム酒を加えて切り混ぜる。

⑤.残りのメレンゲの1/2→粉類に、1/2→メレンゲを加え切り混ぜる。

⑥.バターを塗った型に流し入れて、180℃で30分焼く。

⑦.焼き上がったら粗熱を取って60℃の湯煎にかけて、溶かしたホワイトチョコレートをかける。お好みでドラーフルーツをトッピングする。

TOMO'Sコラム

クグロフは、フランスのアルザス地方で有名なおかしです。
今回はデコレーションにホワイトチョコレートを使用しましたが
粉雪を連想させるようなシュガーパウダーを使ったり、大人の味に仕上げたいなら
シナモンを入れるなど、みなさん好みのクグロフをお楽しみくださいね。

2013年12月20日 (金)

ブッシュ・ド・ノエル

__2

街はすっかりクリスマスイルミネーション一色ですね!
福岡でも、天神や博多駅の夜は光がキラキラしていてとてもキレイです。

もうすぐクリスマス!
ということで、今日はご家庭でも簡単にできるクリスマスケーキの定番
「ブッシュ・ド・ノエル」のつくりかたをご紹介します。

『ブッシュ・ド・ノエル』

材料

☆ロール生地
卵:3個
砂糖:70g
薄力粉:30g
ココア:10g
サラダ油 大さじ

1 ☆ホイップクリーム
生クリーム:150g
砂糖:10g

☆バータボンブ
卵黄:50g
砂糖:70g(卵黄用15g、シロップ用55g)
水:20g

ロールケーキのつくりかた

①.卵黄・卵白に分け、卵白を泡立てる。砂糖を2回に分けて加える。

②.卵黄を加えて混ぜる。

③.ゴムへらで生地を中央に集めて、粉をふるい入れる。

④.ボウルを回しながら、さっくり切るように混ぜる。

⑤.半混ざりのところで、サラダ油を回しながら入れる。

⑥.クッキングシートを敷いた天板に生地を入れ伸ばす。

⑦.180℃で8~10分焼く→冷ます。

⑧.生クリームを泡立てる。

⑨⑦の生地に⑧のクリームを塗り、巻いていく。

バータボンブのつくりかた

①.卵黄が白く、もったりとするまで泡立てる。

②.グラニュー糖、水を115~118℃くらいまで煮詰める。

③.②を①に少しずつ入れながら泡立てて、できあがったらすぐにロールに塗る。バーナーがあれば、両面をあぶる。

TOMO'Sコラム

今でこそ、よく耳にする「ブッシュ・ド・ノエル」。
これは、フランスのクリスマスケーキなんです。
ロールケーキを薪に見立てつくったケーキで、表面は樹皮を模しています。

ちなみに「バータボンブ」とは、卵黄を使用したコクがあるクリームのこと。
バターの香りが引き立ち、味が濃いんです。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。